Richard P. Gabriel

Richard P. Gabriel

Richard P. Gabriel

リチャード・ガブリエル(Richard P. Gabriel)
ソフトウェア・エンジニア、詩人。Lispプログラミングのエキスパート。Ph.D(コンピュータ・サイエンス)。ソフトウェア分野でのパターン・ランゲージのコミュニティであるヒルサイド・グループとPLoPカンファレンスを立ち上げたメンバーの一人で、ライターズ・ワークショップの方法を導入した人。著書に、『Patterns of Software: Tales from the Software Community』(一九九六)、『Writers’ Workshops & the Work of Making Things: Patterns, Poetry …』(二〇〇二年)など。また、ウォーレン・ウィルソン大学でクリエイティブ・ライティング(詩学)の美術学修士号を取得しており、詩集『Drive On』(二〇〇五年)を出している。

著書

  • Patterns of Software: Tales from the Software Community
  • Drive on (the Hollyridge Press Chapbook Series)
  • Renal Medicine: Concise Medical Textbook
  • Performance And Evaluation Of Lisp Systems
  • Writers’ Workshops & the Work of Making Things: Patterns, Poetry…
  • Innovation Happens Elsewhere: Open Source as Business Strategy

論文

  • Worse Is Better
  • Lisp: Good News, Bad News, How to Win Big
  • A Vision for java.net

Generative Films クリップ